久米島、渡名喜島、粟国島

久米島

砂浜だけでできた「ハテの浜」や、「イーフビーチ」など美しい海が点在していて、隆起した真っ白な砂と、太陽光線の当たり具合によって細やかに変化する海の色とのコントラストが楽しめます。
天然記念物指定のクメジマボタルが見られることでも知られていて、特産品には久米島紬や、海洋深層水で育まれた車エビなどがあります。
 

リトハク(関連サイト)でもっと見る

渡名喜島

平成12年に島全域が「国指定・重要伝統的建造物群保存地区」となり、昔ながらの景観を保護している渡名喜島。集落の家々は台風被害を避けるために路地より低く建ち、フクギ並木や白砂の道で独特の美しい景観を造りだしています。村道1号線は夜になるとフットライトで灯され、幻想的な雰囲気が見もの。日中とは違った景色をぜひお楽しみください。もちきびや島ニンジンなどの特産品を加工したお土産もあります。

粟国島

島の南西には筆ん先(ふでぃんさき)の上に「マハナ」と呼ばれる広場があり、周囲の島々を見渡せます。映画『ナビィの恋』のロケ地にもなった島として知られ、最近では特産物である粟国の塩も有名です。北海岸近くには洞寺鍾乳洞公園があります。
ギンガメアジの大群が見られるダイビングスポットでもあり、隣接する島でも観察される機会の少ない希少な鳥類が観察されるため、バードウォッチングの名所とも言われています。

久米島と周辺離島へのアクセス

久米島と久米島周辺にある渡名喜島や粟国島へのアクセス方法や島内での移動手段を紹介。

久米島へは、那覇空港から飛行機で30分。CMなどでも有名なハテの浜へは久米島からツアーなどの船を利用して20分位の距離。

(リトハク)癒しの島、ハテの浜でのんびり贅沢時間