八重山(石垣・与那国・竹富)

沖縄本島から南西へ約450㎞の位置に点在する八重山諸島は、一つひとつの島が個性的。美しい海での遊びや、ジャングルクルーズ、沖縄伝統の暮らしに触れるなど、さまざまな楽しみ方ができます。

石垣島

離島めぐりの起点にもなっている石垣島は、沖縄本島、西表島に次いで沖縄県で3番目に大きい島。八重山諸島の中心地ともいえる存在で、島内では街の賑わいと豊かな自然を両方楽しめることができます。「石垣牛」や、伝統の美しい織物・みんさー織など特産品も充実し、独特の文化を堪能することもできます。

 

竹富島

石垣島から高速船に乗って約10分で着く竹富島は、周囲約9㎞の小島。沖縄の伝統的な暮らしを彷彿とさせる赤い瓦屋根の民家が連なる美しい風景は、国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。白いサンゴ砂の道を水牛車にのってゆったり景色を眺めたり、自転車で島内一周してみたりと、思い思いのスタイルで観光できる点も魅力です。
 
 

西表島

  • 日本の滝100選にも入るマリユドゥの滝

    日本の滝100選にも入るマリユドゥの滝

イリオモテヤマネコなど独自の生態系を育んでいることから❝東洋のガラパゴス❞とも称
される西表島。島のほとんどが亜熱帯のジャングルに覆われ、豊かな生命力を感じることができます。ジャングルトレッキングやカヌーなどさまざまなスタイルで圧倒的な自然を目にしながら、この島でしかできないネイチャー体験をぜひ堪能して

由布島

のんびりと水牛車で訪れたい自然豊かな小島

  • 浅瀬の海を渡る水牛車でゆったり気分

    浅瀬の海を渡る水牛車でゆったり気分

徒歩でも約1時間ほどで一周できてしまうほどの小さな島。西表島とは約500mほどの距離で、浅瀬のため満潮時でも水位は大人の腰の深さほど。干潮時には徒歩や車でも島へ渡ることができますが、水牛車でのんびりと渡るのがこの島の醍醐味です。10年かけてつくられた「由布島亜熱帯植物園」で美しい自然を楽しめます。

小浜島

八重山諸島のほぼ中央に位置し、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』の舞台としても有名。海抜99mの大岳頂上からは360度のパノラマ大絶景で八重山諸島の島々やエメラルドグリーンの美しい海が堪能できます。サトウキビ畑や牧場などのどかな風景が広がる一方で、島の東側にはリゾートホテルやゴルフ場も。良い風が吹くことからウインドサーフィンが盛んな島でもあります。
 

黒島

島がハート形をしていることから❝ハートアイランド❞ともいわれる黒島。人口約200人に対して牛の数はその10倍以上で、のどかな放牧風景が島中で見られます。近年では大量繁殖したインドクジャクも見ものに。ウミガメが産卵に訪れる海は八重山屈指の美しいサンゴ礁が見られ、絶好のシュノーケルポイントとしても人気を集めています。
 

波照間島

  • 日本で唯一南十字星が見られる

    日本で唯一南十字星が見られる

  • 日本最南端の島

    日本最南端の島

「果てのウルマ(サンゴ礁)の島」を語源とすると伝わる波照間島は、名前の通り独特の海の蒼さが印象的。その色は❝ハテルマブルー❞と称され、独特の輝きを放っています。日本最南端の有人島で12月~6月には南十字星が見られることでも有名。星空観測タワーでは夜間の天体観測も行っています。

世界最大の旅行口コミサイト「TripAdvisor(R)」の「トラベラーズチョイス(TM) 世界のベストビーチ 2017」で波照間島にある「ニシ浜ビーチ」が日本ランキング1位となり、日本のベストビーチに選ばれました。

 

与那国島

年に何度かは約111㎞離れた台湾の島影を望めるという与那国島は、日本で一番最後に夕陽が眺められる最西端の島。黒潮の荒波と切り立った崖に囲まれ、ダイナミックな風景を生み出しています。テレビドラマのロケ地のほかダイビングスポットとしても有名で、島の南岸には人工物か自然にできたものか結論の出ていない海底地形が。ドラマチックな体験が待っています!
 

八重山諸島へのアクセス・移動手段

2013年に開港した「新石垣島空港」までは、那覇空港から最短約1時間の距離。海外2ヵ所・県外4ヵ所・県内3ヵ所の定期路線が出ています!
八重山諸島に浮かぶ各島へは、基本は石垣港からの船便のみで、与那国島のみ那覇空港と石垣空港から航空便が出ています。
八重山諸島へのアクセス方法と島内での移動手段