7時間コース エリア/本島中部・本島南部

中・南部コース 世界遺産と沖縄の歴史コース

琉球王国時代の栄華を感じるスポットを巡る

かつて沖縄は、15世紀初頭からの約450年間、琉球という名の王国でした。
そんな琉球王国時代の栄華を感じさせる首里城跡をはじめ、独特の歴史を物語る場所が
沖縄には多く残されています。
世界遺産に登録された史跡や歴史ある名所を回り、昔日に思いを馳せてみませんか?

※タクシー、レンタカー、バスでの移動については、交通事情等により所用時間が変わる場合がある為、移動時間には余裕を持ってご利用ください。

 START

下向き矢印 那覇ICから車で約20分

anchor

1識名園

  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
  • 識名園
住所
那覇市真地421-7

琉球独特の情緒漂う園内を散策。

1799年に創建された識名園は、琉球王家の別荘として造られ、冊封使(さっぽうし)と呼ばれる中国からの使者の接待にも利用されていました。中国や日本の影響を受けた琉球独特の情緒漂う園内は、池の周囲を歩きながら景色の移り変わりを楽しめる廻遊式庭園となっています。「心」という字を崩した形の池を中心に、中国風の東屋である六角堂や、琉球石灰岩でできた大小のアーチ橋が配されています。2000年には国の特別名勝と世界遺産に登録されました。

住所
那覇市真地421-7
電話番号
098-917-3501

下向き矢印 車で約10分

anchor

2首里城跡

  • 首里城跡
住所
那覇市首里金城町1-2

首里の高台に建つ、いにしえの琉球国王の居城

創建年代は不明ですが、第一尚氏による三山統一後に王城として確立されたとの記録があります。第二尚氏の尚真(しょうしん)王らによって拡張、整備されました。城外には守礼門など2門あり、琉球石灰岩の切石を積み上げた城壁には歓会門や瑞泉門、白銀門などの城門が設けられました。内郭には百浦添御殿(ももうらそえうどぅん)とよばれる正殿と、その前面左右に南殿、北殿が相対して建てられています。沖縄戦で焼失しましたが、一部が復元整備され、1992年「首里城公園」として開園しました。

2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

住所
那覇市首里金城町1-2
電話番号
098-886-2020

下向き矢印 車で約10分

anchor

3園比屋武御嶽石門

  • 園比屋武御嶽石門
  • 園比屋武御嶽石門
  • 園比屋武御嶽石門
  • 園比屋武御嶽石門
  • 園比屋武御嶽石門
  • 園比屋武御嶽石門
住所
〒903-0816 那覇市首里真和志町1-7

国王が往路帰路の安泰を祈願した、石造の平唐破風門

園比屋武御嶽は琉球王国時代の国王の拝所で、守礼門の後方左側の道端にある石門とハンタン山一帯をいいます。国王は城外に出かける時、往路帰路の安泰をこの石門で祈願しました。また、王府の行事で東方の拝所を巡礼する「東御廻り(アガリウマーイ)」や、聞得大君(きこえおおぎみ)の就任の儀礼である「お新下り(おあらおり)」の時、最初に訪れる拝所でもありました。扉を除すべて石造の平唐破風門ですが、両妻飾りに懸魚(げぎょ)の彫刻を取り付けるなど木造建築の表現を取り入れています。

2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

住所
〒903-0816 那覇市首里真和志町1-7
電話番号
098-917-3501

下向き矢印 車で約5分

anchor

4玉陵

  • 玉陵
  • 玉陵
  • 玉陵
  • 玉陵
  • 玉陵
  • 玉陵
  • 玉陵
  • 玉陵
  • 玉陵
  • 玉陵
  • 玉陵
  • 玉陵
住所
〒903-0815 那覇市首里金城町1-3

石彫り獅子に守られた、第二尚氏王統歴代の陵墓

第二尚氏王統歴代の陵墓で、1501年頃、三代目の王、尚真(しょう・しん)が創建したと伝えられています。周囲は石垣で囲まれ、墓室は東西に連なる自然の崖壁に穴をあけ、連続した3つの室が造られ、東室は洗骨後の王と王妃の遺骨を、中室は洗骨までの遺体を、西室にはその他の家族の遺骨を安置しました。外見は木造建築を模し、棟には尚家の家紋や牡丹・唐草・宝珠等が彫りこまれ、左右袖塔上には陵墓を守護する石彫りの獅子像が置かれています。

2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

住所
〒903-0815 那覇市首里金城町1-3
電話番号
098-885-2861

下向き矢印 車で約10分

anchor

5金城町の石畳道

  • 金城町の石畳道
  • 金城町の石畳道
  • 金城町の石畳道
  • 金城町の石畳道
住所
〒903-0815 那覇市首里金城町1丁目

琉球王国時代の歴史を感じる石畳の道。

金城町の石畳道は、16世紀に首里から那覇港や沖縄本島南部へ通じる主要道路として造られた「真珠道(まだまみち)」の一部です。琉球石灰岩による石畳道で、当時は総延長約10kmにも及んだ道でしたが、現在では、金城町に約300mの石畳がみられます。周辺には赤瓦家が並び、琉球王国時代の歴史を感じながら、散策を楽しむことができます。ただし、雨の日はすべりやすいので注意が必要です。

住所
〒903-0815 那覇市首里金城町1丁目

下向き矢印 車で約10分

anchor

6龍潭

  • 龍潭
  • 龍潭
  • 龍潭
  • 龍潭
  • 龍潭
  • 龍潭
  • 龍潭
  • 龍潭
住所
〒903-0816 那覇市首里真和志町

冊封使歓待の宴が華やかに催された首里城外苑の池

首里城の北西にある、龍頭の形に掘られた外苑の池です。首里城内の龍樋(りゅうひ)の水が、ハンタン山を流れて円鑑池(えんかんち)を満たし、さらに龍潭に注いでいます。尚巴志(しょうはし)王代(1422~39年)に造られ、掘った土で、安国山(あんこくざん)が築かれました。池にはたくさんの魚がいたので、イユグムイ(魚小堀)とも呼ばれていました。中国からの使者である冊封使(さっぽうし)をもてなすため、重陽の宴(旧暦9月9日)には、池に舟を浮かべ、爬龍船(はりゅうせん)競争(ハーリー)が催されました。
今は市民憩いの場になっています。

住所
〒903-0816 那覇市首里真和志町
電話番号
098-886-2020

下向き矢印 車で約30分

anchor

7中城城跡(なかぐすくじょうあと)

  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
  • copyright 中城城跡共同管理協議会
住所
〒901-2314 北中城村大城503

丘を取り囲むように城壁を巡らした、沖縄の築城史の完成期を飾る城

中城湾に面した高台にある、6つの郭から成る連郭式の山城です。1440年護佐丸(ごさまる)が座喜味城主(ざきみじょうしゅ)から中城城(なかぐすくじょう)に移り住み、周辺の城壁を増築したといわれています。城壁がよく残されていて、一部に野面積みもありますが、城壁の大部分が琉球石灰岩の切石積みで作られています。布積みを主体とする郭と、あいかた積みを主体とする郭があり、築城年代が異なるのではないかという見方もあります。1458年、護佐丸は勝連城主(かつれんじょうしゅ)の阿麻和利(あまわり)に滅ぼされました。

2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

住所
〒901-2314 北中城村大城503
電話番号
098-935-5719

下向き矢印 車で約5分

anchor

8中村家住宅

  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
  • 中村家住宅
住所
〒901-2314 北中城村大城106

最良の木材で作られた、中城間切の豪農の屋敷。

中村家は中城間切(なかぐすくまぎり)の地頭代(じとうだい)を勤めた家柄と言われています。18世紀中頃の建築と考えられ、当時は竹茅葺きでした。建物は全て寄棟造の本瓦葺きで、木材にはチャーギ(いぬまき)やイーク(もっこく)等が使われています。
屋敷は傾斜地を切り開いて造成したもので、東西と北面には土留めの石積みを、南側には石垣を築いて門を設け、正面に切石積みのヒンプン(屏風状の塀)が配されています。屋敷内には母屋の他に、アシャギ(離れ座敷)やメーヌヤー(家畜小屋兼納屋)、高倉、フール(豚小屋)、カー(井戸)が配され、周囲はフクギで囲まれています。

住所
〒901-2314 北中城村大城106
電話番号
098-935-3500

下向き矢印

 GOAL

コースマップ