古民家宿

古の島時間にタイムスリップ

フクギ並木に石垣、ひんぷん……。100年ほど前までは、沖縄各地には、シーサーが鎮座する赤瓦家屋が立ち並ぶ集落があちこちに広がっていました。時は経ち、その多くは失われてしまいましたが、本島北部などには、今なおそのような原風景が残る集落もあり、中には宿泊施設として生まれ変わった建屋も。リフォームされ、快適に過ごせる古民家宿を紹介します。

むりぶしの宿

田舎に帰ってきたような懐かしさ

  • 2号店、かふうの広々とした和室

    2号店、かふうの広々とした和室

  • かふう、ゆうじむぬやともに、綺麗な水回りが嬉しい  

    かふう、ゆうじむぬやともに、綺麗な水回りが嬉しい  

  • 使い勝手の良いキッチンには食器や調理道具も揃う

    使い勝手の良いキッチンには食器や調理道具も揃う

  • 昔懐かしい縁側で夕涼み

    昔懐かしい縁側で夕涼み

  • 広い庭ではBBQや花火もOK

    広い庭ではBBQや花火もOK

「ゆうじぬや」と「かふう」、2つの古民家があり、いずれも、キッチン・洗面所やお風呂など水回り部分は綺麗に改築され、清潔感が漂います。洗濯機やガス乾燥機も備え付けられており、洗剤の使用もフリー。
敷地内の農園では無料で収穫体験を楽しめる他、子どもたちが喜ぶようなちょっとした仕掛けがあちこちに!

 

施設の詳細情報を見る

コテージ CANAC(キャナック)

古民家宿の先駆的存在

  • 昔ながらの趣きが残る畳部屋

    昔ながらの趣きが残る畳部屋

  • ジェットバスが好評のバスルーム

    ジェットバスが好評のバスルーム

  • 絵に描いたような、沖縄ならではの赤瓦古民家

    絵に描いたような、沖縄ならではの赤瓦古民家

元は、国頭村安波地区にあった大きな築100年余りの赤瓦家屋を、1992年に本部町へ移築。今でこそ増えた古民家宿の先駆者とも言われています。緑あふれる庭は広く、天井の高い室内も4畳半が3部屋と6畳が1部屋で開放感抜群です。そして、ゆったり入れるジェットバス付きのお風呂もうれしいですね!

施設の詳細情報を見る

古民家のお宿 一休(いっきゅう)

車で渡れる離島で、ひと味違う沖縄の旅を

  • 漆喰の壁と瓦屋根も白で統一

    漆喰の壁と瓦屋根も白で統一

  • ちょっとした食事はテラスでどうぞ

    ちょっとした食事はテラスでどうぞ

  • お部屋は4畳半の畳、6畳、3畳のフローリングの計3部屋

    お部屋は4畳半の畳、6畳、3畳のフローリングの計3部屋

透明度の高い海と車で行ける手軽さで人気の瀬底島。フクギ並木も残る島中央部の集落にある古民家を改装しオープンしました。
建屋全体の広さは約10坪。畳間の部屋は風通りがよく、夏でもクーラーもほとんど必要ありません。
本島とは一味違う、離島ならではの独特な情緒を味わいください。
 

施設の詳細情報を見る

ごーやー荘

コザの街にも徒歩圏内の好立地

  • 宿主手作りの屋台風カウンターは雰囲気たっぷり

    宿主手作りの屋台風カウンターは雰囲気たっぷり

  • 年季ある木の温もりが落ち着くメインの客室

    年季ある木の温もりが落ち着くメインの客室

  • 沖縄独特の瓦屋根の古民家をそのままの姿で活用

    沖縄独特の瓦屋根の古民家をそのままの姿で活用

  • 奥には二段ベッドが設置されたドミトリーの部屋があります

    奥には二段ベッドが設置されたドミトリーの部屋があります

築およそ50年の家屋を改築した古民家風の民宿&ゲストハウスです。
25㎡の建屋は、畳敷き3部屋、二段ベッド板間2部屋にキッチンという間取りです。定員は13名、グループでの貸し切りも可能です。
入口には、屋台を模したカウンターが設置されており、泡盛を飲みながら旅人との交流が楽しめます。また、気まぐれで行われる宿主の三線ライブもお披露目。

施設の詳細情報を見る